クルーズ乗船まで

クルーズへ出かけることに決めたら、まず予約が重要となります。そこらへんの旅行代理店で気軽にきっぷを買う、というわけには行きません。日本船籍のクルーズ船としては郵船クルーズの「飛鳥」、商船三井客船の「にっぽん丸」「ふじ丸」、日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」「おりえんとびいなす」が有名です。それぞれのウェブサイトには連絡先や資料の請求方法が掲載されています。申し込み方法などは直接それぞれのクルーズ会社に問い合わせてください。
予約をし、出発の日取りが決まったら、そこまでどうやっていくかを考えます。概ねフェリーと同様に港は都心部駅とは離れています。例えば、横浜大桟橋から出航であれば横浜・桜木町・関内の各駅からバスを利用することになります。当然時刻を調べたり、きっぷを購入しないといけません。出発地は横浜か神戸がほとんどですから、それ以外の地方であれば航空券の手配なども重要になるでしょう。
また、海外クルーズですと寄港地によっては下船をするのに査証が必要な場合もあります。乗船するクルーズにきちんと確認し、必要ならば取得する必要があります。
ここまで手配が出来れば後は乗船を待つだけとなります。


「船の旅」記事一覧

フォローする