ガイドブックを買う

旅の情報を得るときに多くの方はガイドブックを利用されていると思います。

でも、案外ガイドブックは旅へ出る前に適当に買っているだけの人が多いのではないでしょうか。

ガイドブックは基本的に奥付を見て一番新しいものを買うようにしましょう。そうでないと、情報が古くなっていることがあります。また、ガイドブックには料金を知るなどといったほかにモデルコースなども載っていますし、施設の電話番号なども掲載されていることがあります。何かを見学するときにはこの電話番号に電話をかけ、臨時休業していないかどうかを確認するほうが良いですね。あと、値段の改定や交通手段についても確認したほうが戸惑わなくて良いと思います。そのときには「JTBのガイドブックを見てかけているんですけど」などというと良いと思います。

ガイドブックが本なのに対して、雑誌スタイルで一躍人気を集めたのが、JTBから出ている「るるぶ」シリーズでおなじみの「ムック」です。ムックの良い点は、何といってもある程度定期的に発行され、価格が普通のガイドブックよりも安いことがあげられます。また、地域的にも細かく分割されていることが多く、使い勝手が良いことも有ります。ムックのほうも基本的にはガイドブックと同じように使えば良いでしょう。

私が薦めるガイドブックは、JTBの旅ノートシリーズです。ムックはるるぶシリーズのほかに昭文社やブルーガイドもなかなか良いと思います。また、「歩く地図」シリーズは好みが分かれるものの細かいマップがとても便利です。ご参考までに。

なお、店頭で本を探すのも良いのですが、クロネコヤマトのブックサービス全国書店ネットワーク e-hon楽天ブックスなどのように会員手数料無料でガイドブックがオンライン購入できるサイトもあります。せっかくインターネットで情報を得られる時代ですから、ガイドブックの購入もオンラインで済ませてしまえば買いに行く時間を計画の具体化などに費やすことができて効率的です。


「情報収集方法」記事一覧

フォローする