後払い?先払い?

路線バスに乗りなれている人でも良く間違えるのが運賃が後払いか先払いかということです。また、支払いをどうするかということも問題になります。
大都市圏では基本的に1回の乗車ごとにいくらという方法です。支払いの方法も先払いがほとんどです。起点から乗って終点で降りても、乗ってすぐに隣のバス停で降りても同じ運賃です。

これが、それ以外の地域では乗った区間に応じて運賃を支払う従量制になります。また、支払いも先に整理券を取り、降りる時に前に掲げてある運賃表と整理券の番号を照らし合わせて運賃を支払う後払いとなります。

もちろん均一制でも後払いがあったり、従量制でも先払いがあります。
意外と各地方の方法が本当だと思っていらっしゃる方が多いので書きました。大都市圏といっても、たとえば横浜市では、横浜市交通局の運行している路線は均一制がほとんどですが、神奈川中央交通が運行しているところは従量制のところがほとんどですので、会社の考え方によるのかもしれません。


「バスの旅」記事一覧

フォローする