乗りこんでから発車まで

列車がいよいよ入線してきました。入線時刻は始発駅の場合、時刻表に掲載されていることが多いようです。参考にすると良いと思います。
まずは荷物は網棚へ載せましょう。あとから乗ってきた人に占拠されると狭い座席で抱えこんでいなければならなくなります。一度場所を取ってしまえば、よほどずうずうしい人にめぐり合わない限り、そのスペースは降りるまで自分のものです。だからといって、あまりに場所をたくさん占めるのはどうかとは思いますがf^^;)。
次に複数人数の場合は席決めです。どの席に座るか、じゃんけんでもくじ引きでも良いのできちんと決めておきましょう。その上で座る席の指定券を持つようにします。車掌さんが周ってきたときにそれのほうが早く処理できますから、ぜひ協力してあげたいものです。

無人駅から乗車する場合ですが、合理化に伴ってワンマン列車化しているケースが多く、多くの駅で乗車口が決められています。そこで待っていて乗り込めばかまいません。整理券を出している場合、青春18きっぷなどの各種乗り放題きっぷ以外の場合は、きちんと整理券を取りましょう。乗り場が指定されていない駅はワンマンではなく車掌が乗っているケースがほとんどなので、ホームへ車掌が降りてきます。車掌の定位置は列車最後尾ですから出来るだけ列車最後尾が止まりそうな場所で待つようにします。もし、乗車した際に車掌に駅で買った乗車券や青春18きっぷなどの各種乗り放題きっぷを見せられなかった場合は車内を巡回してきますのでその際に見せればOKです。無人駅に券売機が無く、乗車駅証明書などしかなかった場合にはその際に何処まで乗るのかを申告します。


「鉄道の旅」記事一覧

フォローする