紛失時の知恵

きっぷをなくしてしまった場合、どうしていらっしゃいますか。おそらくあらためて買い直していらっしゃる方がほとんどだと思います。また、家へ忘れた時にもそうでしょう。
きっぷを無くした場合、実は、お金が返ってくることがあるのです。
「再収受」(さいしゅうじゅ)と呼ばれているこの制度は、きっぷをあらためて買い直す時に「なくしたので、念のため再収受証明書をください。」といえば、それで適用になります。有効期間は1年間で、たいていは買い直したきっぷへ「紛失再」「再収受証明」のスタンプを押して、それにかえます。
再収受を受けた場合は、改札を出る時にそのきっぷを駅員へ渡さずに、そのまま見せて通ります。そうでないと再収受をした意味がなくなってしまいます(^_^)。
本来はなくした時のためのものですが、家へ忘れてしまった時にもこの制度を活用できます。
ただし、払い戻されるのは、券面の額から手数料を差し引いた残りの金額ですので、念のため。


「鉄道の旅」記事一覧

フォローする