期間の決定方法

そろそろ、具体的な計画の前に期間はどうなったの、とか、あれ期間の話が出てこないぞ、と思われた方もあるかもしれません。別に忘れていたのではなく、ここからがその期間を決定する重要なところなのです。
普通、皆さんは先に期間ありきで予定を立てていませんか。5日間休みが取れそうだからとか、8日間くらい行っていようかなとか。
でも、ちょっと待ってください。そうすると、本当は3日間がちょうどよい旅でも無理に引き伸ばすことになったり、逆に1週間くらいまとめていったほうがいいのに無理に縮めたりすることになります。
ですから、はじめに期間を頭において旅の行程を考えるのは避けてください。いくつか旅の案を作り、その上でその時の予定にあうプランをチョイスするのです。
時間がないというあなた。あの机上旅行のプランはここで生きてくるんです。何回か机上旅行をしていれば、結構な数のプランが既に出来たことになるのです。旅へ出たいけどプランを立てる余裕がない時は、机上旅行のプランへ肉付けすれば、それでもう十分な旅の計画が出来上がることでしょう。
もちろんあくまで理想でして、必ずしもこのようにいくとは限らないですし、私もそのような旅を必ずしているわけではないですが、このことを知っているのと知らないのでは旅への考え方が変わってくるので紹介してみました。
どうしても日程がかぎられていて、いきたいところがある、今回の実例のような場合は、どうするか。この場合は先に全行程を決定してしまいます。もし、日程をオーバーするようならば、切ってもよいところを1日ずつ削っていきます。
こうすれば、本当にいきたいところも厳選できるし、日程にも合わせられます。


「計画を立てる」記事一覧

フォローする