具体的計画へ

概略ではまず、飛行機で九州へ入ることにしていました。長崎は西の端、鹿児島は南の端、宮崎は東南になります。どこからどう入って、巡るのかは結構重要な要素です。
ガイドブックを見てみると九州新幹線が運行されているようです。焼酎も夜景もやはり夜に楽しむものでしょうから、それぞれの街へ滞在する必要があります。
このように考えていくとまず長崎空港へ飛んで、市内の名所を見学、チェックインしたあと、新地中華街でチャンポンを食べ、そのまま夜景を見るというのが流れとしては良さそうです。
長崎は特急で発ち、新鳥栖で鹿児島方面の新幹線へ乗車、鹿児島中央に着いたら駅周辺を見学して、チェックイン。夜は天文館で本場の芋焼酎を楽しむとしましょう。
……とこのように予定を立てていきますと期間の問題が出てくるわけですが、それについては次節で解説いたします。


「計画を立てる」記事一覧

フォローする