予約について

それでは、これからホテルを自分で予約し、チェックアウトして次へ旅立つまでを流れに沿って解説していきます。ホテルの予約は電話もしくは旅行代理店、そしてインターネット上で行うことができます。

A.電話での予約

まず電話での予約方法ですが、これは泊まりたいホテルが決まっている時に用いると大変に有効です。どこにどのようなホテルかがあるかは、時刻表のピンク色のページへ前掲の両協会の広告として出ているほか、様々な出版社からホテルガイドが出ていますので、それを参考になさってください。
電話予約では、あらかじめ自分で何らかの紙に以下のことを書いておくと戸惑わずにすみます。ただし、すべての項目を聴かれないこともあります。

自分の名前
漢字の説明も考えておくとベターです。(たとえば野村さんなら、野原の野に市町村の村などといった説明方法を考えておきます)
住所
普通は郵便番号からで、郡は省略してよいです。こちらも漢字の説明を。
電話番号
たまに日中連絡の取れる連絡先を聴かれることがあります。一人暮らしの場合は会社の電話番号もメモしておきましょう。
到着月日とおおよその到着予定時刻
時刻は変更しても文句を言われないので、着けそうな時間を30分単位くらいでメモしておけばよいと思います。
どこからホテルへ行くのか
普通は前の宿泊地をいえばOKです。自宅が前の宿泊地の時は「自宅から」といいます。
ホテルからどこへ行くのか
次に泊まるところをいえばOKです。自宅へ帰る時は「自宅」といいます。
取りたい部屋の種類
ツインとかシングルなどといった区別です。ちなみにシングルは一人用。ツインはシングルベッドが二つある部屋。ダブルはダブルベッド(二人用のベッド)が1つある部屋。トリプルはめったにありませんが、シングルベッドが3つある部屋のことです。
何人で泊まるのか
ツインやダブルでも独りで泊まることができます。これをシングルユースといいます。また。一人簡易ベッドの設置で本来予定されている定員より1名多く泊まれるようにしてくれるところもあります。これをエキストラベッドといいます。
何で行くのか
電車か自家用車かバスかタクシーか徒歩か。それによってホテルへの道順の案内を変えてくれます。

そして、予約が済んだら、必ずすべての項目を復唱してもらい、電話を受けた担当の方の名前を確認しておきましょう。万が一予約されていなかったなどのトラブルの時に担当者がわからないと泣き寝入りをしなければならないこともあるからです。
そして、このメモは聴かれた項目の頭に丸をつけて大事に保管しておきます。メモをきちんと保管してチェックインのときに持っていくと何かあったときに役立ちます。なくさないように気をつけてください。

B.旅行代理店での予約

次は旅行代理店を使った時の予約方法です。
旅行代理店の予約ですが、泊まりたい場所にホテルがみあたらないときやどこでもいいから予算の範囲内で適当な場所に宿をとりたいとき、いくつかのホテルをさまざまな角度からじっくり比較検討したいときなどに有効利用できます。
旅行代理店へいくと、宿泊場所と予算、部屋の種類(シングルかツインかなど)をたずねられます。
そして、その条件に合うホテルを提示してくれるので、条件などを確認して選択します。
予約が済むとその場で清算、宿泊クーポンと呼ばれる宿泊確認証の発行となりますが、この時、手配料として540円(税込み、JTBの場合)取られますので、注意してください。
宿泊クーポンを渡してもらったら、それをなくさない様に気をつけてください。そのクーポンがチェックイン時の予約の確認となり、なくしてしまうと、泊まれなくなる可能性もあります。
最近では、チェックアウト時に税金を支払うようになっているようです。その場合、クーポン券発行時には税金を差し引いた金額が請求されます。
また、最近ではインターネットでの予約も一般的になりました。多くのサイトが存在していますので、次節で解説していきます。



「ホテルに泊まる」記事一覧

フォローする