有効期間

予約した航空券は予約した便にのみ有効となります。ただし、オープン航空券という、予約をせずに購入した航空券の場合は、原則としてその航空券を発行した日とその翌日から90日間有効となります。要するに発行した日を含めて91日間ということです。
特別な企画航空券(全日空の例ならば「超割」や「早割」等)の場合は必ずしもこの基準が適用されない場合もあります。また、変更した航空券の場合、最初に発行された航空券の発行日が基準の日になります。


「空の旅」記事一覧

フォローする