飛行機の乗り継ぎ

目的地によっては飛行機を乗り継がなければならない場合があります。たとえば、沖縄の与那国島へ行こうとした場合、那覇か石垣で乗り継ぎが必要となります。また、国内から海外へ出かける場合にも乗り継ぎが必要な空港があります。
基本的に同一空港で国内線を乗り継ぐ場合にはグループ間相互が20分(羽田は25分、ANAグループのみ伊丹・関西も25分)以上、他社間が30分(羽田はターミナルが異なるため50分)以上の乗り継ぎ時間が必要となっています。

ANAグループが全日空(ANA)およびANAとコードシェアを実施している北海道国際航空(ADO)、スカイネットアジア航空(SNA)、IBEXエアラインズ(IBEX)、オリエンタルエアブリッジ(ORC)の各社間とスターフライヤー(SFJ)の羽田-関西便。JALグループが日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、JALエクスプレス(JEX)、日本エアコミューター(JAC)、北海道エアコミューター(HAC)、琉球エアコミューター(RAC)の各社間となっています。

あくまでこれは基本線です。疑問点があるようであれば乗り継ぎ時間は何分くらい可能なのか一度問い合わせることをお勧めいたします。
国内線と国際線の乗り継ぎ、海外での乗り継ぎは会社・空港・国によってまちまちです。アライアンスメンバーであれば短縮される空港もあれば、日本の各空港のようにあくまで自社運航便の場合だけ短縮されるというケースもありますので、電話などで確認してみて下さい。


「空の旅」記事一覧

フォローする