連泊する際は

同一の宿に2泊することを連泊、3泊することを三連泊などといい、「連泊」と称します。この場合、ある決まった時間になりますと布団の片付けなどのため、宿の人が部屋へ立ち入る場合が多いようです。多くの場合、外出後です。もし、どうしても入ってほしくない場合は外出時にオーナーへその旨を伝えておきましょう。
外出する際には中には貴重品を置かないようにしておきましょう。もちろん旅館の人が盗むわけはないのですが、掃除のときに紛失してしまう可能性はないとはいえません。お互い気持ちよくすごすためにこれくらいの配慮は心がけるようにしましょう。
ただ、ホテルや旅館の場合と違って、初見の民宿やペンションに泊まるときには、連泊はいきなりしないようにしましょう。オーナーとの相性が最悪だった場合、旅が一気に暗転します。


「民宿とペンション」記事一覧

フォローする