チェックアウト

朝食は夕食と同じところでするケースが多いようです。夕食と同様に手作りの暖かい食事が出てきます。
民宿やペンションではチェックアウトの場合、玄関先でのやり取り、ないしは部屋までオーナーが来て精算をすることになるケースが多いようです。チェックインのときに指定をされなかったときには朝食のときにでも確認をしましょう。
出発のときは玄関までオーナーが出てきてくれることが多いようです。その際は、きちんと御礼を言うようにしましょう。そして、もしサービスが良いと感じ、肌に合う宿だと感じたら、帰宅後は出来ればお礼状を書くようにしましょう。お礼状を出すことで交流が始まり、次回でかけたときは今回以上の心からのもてなしを受けることが出来ます。常連と呼ばれる人々はこうしたところから取っ掛かりを造っていることが多いようです。
常宿とも言える民宿やペンションを持っていると旅はさらに深さをまします。


「民宿とペンション」記事一覧

フォローする