チェックイン

民宿にしてもペンションにしても簡易フロントのようなものがあるところが多くなっています。フロントといえば体裁はよいですが、実際は従業員休憩室兼用のようなものです。調理場と続きになっているところもあります。呼ぶと中から宿の人が出てきます。

宿帳はどんな民宿・ペンションでも必ず書きます。書かないところはめったにないと考えてよいでしょう。常連になると宿のほうで書いておいてくれる場合もありますが、はじめていく宿でそうしたことはないですね。

家族でやっている民宿ですとフロントはおろか大きな民家の玄関で受付をし、どう見ても客間としか思えないところが割り当てられ、そこでチェックインをすることも多いです。ただ、そういうところのほうが味があるという気もしますが、初めてのときはびっくりするかもしれませんね。


「民宿とペンション」記事一覧

フォローする