外湯・公衆浴場のマナー

不特定多数の人と共同で使用する浴場に関するマナーを書いておきます。
まず、銭湯や外湯など特有のマナーです。
銭湯や昔ながらの温泉場にある外湯は、観光客対象に建設された施設はあまりなく、地元の人を対象にしたものがほとんどです。こうしたところを利用する際は地元の人が最優先であることを忘れないでください。我が物顔で利用している旅行者を多々見かけますが、そうしたことを繰り返しているととても風情のあるところが旅行者を断ってしまう可能性があります。

次に共通のマナーです。
大浴場は基本的に共同利用です。脱衣場のかごやロッカーなどは一人で1つがマナーです。いくつもいくつも使っている人が多いようですが、これは問題外です。

浴場の入り口に扉があって、閉まっていたときはちゃんと閉めましょう。早く入りたいのは判りますが、冬場などはせっかく暖まっている脱衣場へ寒い風が入ってきてとても迷惑です。

中へ入ったら、とりあえずまず体を流しましょう。そのまま湯船に浸かる人を見かけますが、不衛生ですし、なにより見ていて気持ちのよいものではありません。

湯船にはタオルをつけてはいけません。よく旅番組で女優などがタオルをつけているところを流しますが、これにだまされてはいけません。タオルをつけるのはとても不衛生ですし、湯船のお湯が汚れる原因にもなります。また、タオルが色に染まってしまう可能性もあります。

出るときには浴場内でよく体を拭いてから出ましょう。そうでないと脱衣場が水浸しになります。水浸しになると滑りやすくなるので危険です。

ちょっとした気遣いでみんなが温泉や銭湯を楽しめます。気をつけていきたいものですね。


「国内旅の常識と知恵」記事一覧

フォローする